kotei2

富ますシルクファーム・日南シルクファーム・KOGANEとは

「シルクファーム」について

「シルクファーム」は、米子市に本拠を置く(株)石田コーポレーションの農業関連法人である(株)富ますシルクファーム、(株)日南シルクファーム、(株)KOGANE 3社が共同で使用する農産品(生鮮品・加工品)ブランド名称となります。

ブランドの企画・運営・管理等はKOGANEが行っています。

(株)富ますシルクファームについて

米子市富益町に本拠を置く農業法人で、さつまいもやトマト、イチゴ等を生産しています。

特に、さつまいもは山陰有数の規模で(年間100トン以上)生産しており、大規模なキュアリング・貯蔵施設、ペースト工場(稼働予定)なども有しています。

また、耕作放棄地の再生やユニバーサル就労(UW)をもとにしたビジネスモデルは地元メディア等に取り上げられ、注目されつつあります。

ホームページ: http://www.s-tomimasu.com/

(株)日南シルクファームについて

日野郡日南町に本拠を置く農業法人で、トマトやいちご、かぼちゃ等を生産しています。

高糖度トマトや夏秋いちごの生産など寒暖差の大きい山間地の特性を活かした農業にチャレンジしています。

また、中国四国農政局より「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(平成29年)に選定されるなど過疎の進む中山間地においての取り組みが評価されつつあります。

ホームページ: http://s-nichinan.com/

※「中山間地域を守るサラリーマン農業の挑戦」(平成29年)

(株)KOGANE について

境港市に本拠を置く地域商社で、グループ農場である富ますシルクファームや日南シルクファームでとれた農産品の販売、6次産業化、観光農園運営サポート事業、「シルクファーム」ブランドの企画・運営・管理、アンテナショップの企画運営等の業務を行っております。

シルクファームでとれた農産品や周辺地域の農産品を全国・海外に向けて販売できる優れた発信力を持つ地域商社を目指しています。

店舗案内

KOGANEギャラリー

※「中山間地域を守るサラリーマン農業の挑戦」(平成29年)

一つの種を育てること

(シルクファーム通信 2019年 第5号 掲載)

KOGANEより


夏は涼しい?
日南での勤務

 夏も終わり、秋らしい風も吹くようになった9月後半、台風等も猛威を振るっておりますが皆さま変わりなくお過ごしでしょうか?KOGANEのメンバーは、変わらず境港を拠点に頑張っておりますが、小職はというと・・・多くの時間を日南で過ごしております。
ステラベリーパーク日南の運営、道の駅のイベントへの参加、カボチャの山陽方面への出荷作業など夏秋いちごならぬ、夏秋日南勤務と言えるような状況です。

 高地だから涼しいと思いきや日中は暑く、夕方や夜が寒いという寒暖差の大きさを肌で体感できます。厳しい地域だからこそ農産物は美味しく育つのだということを再認識します。
日南は、冬は寒さや雪が過酷で、農業は春から秋までが勝負。カボチャも沢山とれて、商用バンの助手席にまで積まないといけない程の嬉しい出荷(収穫)です。
小職も冬は米子や境港に業務が移り変わりますが、それまでにしっかり仕事を完了させておきたいです。

盛り上がっております
ステラベリーパーク日南

 色々な方のお蔭でステラベリーパーク日南も週末の土曜日を中心に盛り上がっております。特に大きな広告を行っているわけではありませんが、多くの人の注目をいただきご来園いただけるのは、情報を送り届けていただける報道機関さまや関係各位の皆さまのお蔭です。
BSS山陰放送さまもオープン時に加えて、鳥獣被害なども面白おかしく取り上げていただき、来園された方ともその話題で楽しく盛り上がりました。

増えています!
6次産業化商品

 境港のアンテナショップでは6次産業化商品が増殖中で、「奇跡の〜」なんてネーミングされたさつまいも関連商品まで登場し、テレビ・新聞などでも賑わせ始めています。
農産物に関わる商品開発やマーケティングを頑張って行うことで、品質、付加価値ともに高い商品をお客さまに届けられるようにメンバー一同頑張っております。
まだまだ途上ではございますが、多くの方々のお蔭をもって事業が進んでいることに感謝せずにはいられない今日この頃です。

(日南物産担当 328)

収穫、種取り、そして来年へ

(シルクファーム通信 2019年 第5号 掲載)

日南シルクファームより


 9月に入っても30度を超えたりとまだまだ暑い日が続きますが、朝晩と冷え込む時があるので体調に気を付けていきましょう(^^♪

ピークを迎えています
カボチャの収穫

 現在、野菜の収穫ピークを迎えています。カボチャの生育がとても良く、害獣に食べられたりもしましたが去年と比べると断然収穫量は上がっています!ちゃんと去年の反省点が活かされたのかなと感じました。

 そして、来年度用にカボチャの種取りも同時進行で行っています。もうこの時期から来年の栽培計画を立てていかないと…ですね(笑)

 毎年、あれやってこれやってとしていると、1日が終わるのがあっという間に感じ「あれ、今年もあとちょっとじゃん…?」と思うことが度々…( ゚Д゚)年取った証拠…?( ゚Д゚)

皆様のおかげです
ステラベリーパーク日南

 前回紹介したステラベリーパーク日南ですがお蔭様でほぼ毎回、予約が埋まるほどのお客さんに来ていただいています!

しかしながら夏の暑さで人もイチゴもばててしまい小粒なものしかできず、来ていただいた方にものすごく申し訳ない気持ちになりました(/_;)

 これからまたしっかりと管理をしてお客さんに満足してもらえるイチゴ栽培をしていきます! ステラベリーパークの方は10月いっぱいまで開園しているので是非、お越しください。

(日南シルクファーム担当 AI)

「とっておき」を皆様に!

(シルクファーム通信 2019年 第5号 掲載)

富ますシルクファームより


ついに
さつまいも収穫始まる!!!

 ついに始まりました。サツマイモ“べにはるか”の収穫です!「ポテカルゴ」という4人乗りイモ収穫機を『船』と称し、収穫チームのカズさんを船長に“TEAMカズ”が収穫に燃えています。ところが神様の優しさなのか意地悪なのか、収穫が始まりだしたら、今まで降らなかった雨が降り作業が中断することも…。(恵みの雨ですよね!)・・苦労は尽きませんね・・・

 もちろん選果の美女組も燃えております。収穫されたサツマイモはキュアリング(※1)と貯蔵(※2)を経て皆様のもとへ。もうしばらくお待ちください! 今年の出来は・・・
この笑顔をみればおわかりですね!

※1 貯蔵期間を延ばすため一定期間高温多湿の条件下に置き、コルク層を発達させ収穫時にできた傷口をふさぐ
※2 でんぷんを糖に変える

これも生業のうち⁉
ビニールハウス雨漏り補修

 常に日差しを浴びているビニールハウス。傷んでくるのは当然の事ですね。破れて雨漏りがしてしまいました。百姓は生業が100あるのです。大工仕事も、しかり!
ということで屋根にのぼって破れた個所をなおしました!はしごの写真の人物は女性です。たくましいな~!

“とっておき”な
「とっておき」を皆様に!

 観光農園2期目のオープンに向け準備が始まっています。今期より育苗を本格的に始めました。暑いハウスの中で1年掛かりで苗からイチゴを作っています。イチゴって・・1年掛かりなんですよ!もう一度いいます。1年掛かりなんですよ!

 今回のイチゴ作りで取り組んだ挑戦は、『株冷』です。株冷とは、イチゴ苗を冷蔵庫に2~3週間入れ、冷やしてから外に出すと春が来たと勘違いする…即ち、苗の四季感覚を狂わせて収穫時期を操作することです。

そしてついに定植が始まりました。まずは、「とっておき」というシルクファームが一番力を入れている鳥取県オリジナルの新品種です。まだまだ暑く、みんなで汗だくですが、強力な助っ人と共に作業をしています。

(富シルの部屋 室長U)

未来を照らす星々の光

(シルクファーム通信 2019年 第4号 掲載)

日南シルクファームより


 例年より遅い梅雨入りで蒸し暑さで気が滅入ってしまいますが体調管理をしっかり整えて無理しない程度に頑張りましょう(=゚ω゚)ノ

夜のイチゴ観光農園
ステラベリーパーク日南

 テレビニュースや新聞記事で知っている方もいらっしゃると思いますが…。つ、ついに日南町で夜のイチゴ観光農園がオープンしました~!その名も「ステラベリーパーク日南」です!

ストロベリーじゃなくてステラベリー?と思いますよね(笑)「ステラ」とはラテン語で「星」という意味でストロベリーと併せた造語です!
 鳥取県は「星取県」と名乗るほどの星空スポットで、その中でも日南町は星空保全地域に指定されるほど星空が綺麗に見られる場所なのです(*´з`)

 イチゴ狩りした後はイチゴを食べながらゆったりと空を眺めて星空観察を楽しむという…。なんてロマンチックなのでしょう…。カップルの皆さんどうですか?(笑)
詳しくはWebで!「ステラベリーパーク日南」で検索を!そしてFacebookやインスタグラムもやっているので是非、チェックしてみてください!

終わらない戦い―
美味しさ故のことなれど

 今年も奴らとの戦いが始まりました( ゚Д゚)
6月上旬某日の朝に事件が発覚したのです。イチゴが食い散らかされているではありませんか…。早急に鳥獣害対策の方に来てもらい罠を設置してもらいました!

 数日経ったある日、罠を覗いて見てみるとアナグマが入っており、専門の方が設置していた監視カメラの一部にイチゴの高設ベンチの上で楽しそうに飛び跳ねているアナグマの姿が…。
これを見た時はさすがに笑うしかありませんでした(笑)イチゴが美味しかったんでしょうね(笑) 6月だけで2頭罠に入っていて、ついに犯人を捕まえたと喜んでいたら…
後日ハウスを見ると最初ほど被害は大きくはないですがまたイチゴが食べられていました(-_-;)まだ戦いは終わらないのかぁ…。

 と思った矢先に次はカボチャが食害に遭うという被害が。畑の周りには鉄柵がしてあるのですが、まさかの地面を掘って侵入した跡がありました。今年はカボチャの出来が良かっただけに結構ショックが大きいです(´;ω;`)
 随時、対策を考えて作業をしていかなければと考えさせられた出来事でした(汗)

(日南シルクファーム担当 AI)

想いが少しずつ形になって

(シルクファーム通信 2019年 第4号 掲載)

KOGANEより


境港市から日南町まで
想いが少しずつ形になって

 梅雨が明けそうで明けない7月中旬となりました。湿度が高く体調も崩しやすい季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? KOGANEのメンバーは、境港市のアンテナショップから米子の富ますシルクファーム、日南町の日南シルクファームまで忙しく駆け回っております。そして、メンバーが駆け回れば駆け回るほど、思い描いていたことが少しづつ形になってきつつあります。
 まだまだ不慣れなメンバーも多い中、レベルアップが必要なことばかりではありますが、今回はスタートしていることについてご紹介させていただきます。

日南町に観光農園
「ステラベリーパーク日南」がオープン

 日南町の日南シルクファームでは、夏秋イチゴ(信大BS8-9)の栽培を数年前より行っておりましたが今期の栽培より、いちご観光農園をオープンいたしました。名称はタイトルのとおり、「ステラベリーパーク日南」で、英語では「Stellaberry Park Nichinan」と記載します。星空の美しい鳥取県、日南町にちなんだ名前になっています。

 また名前だけでなく、実際に星空観察が行えるように、夜のいちご狩りを行っています。日南町は、米子や新見、岡山などからは少し距離がありますが、ちょっとしたアウトドア感を味わっていただくにはちょうど良い場所です。
いちご狩りは雨が降っても大丈夫で天候にも左右されません。雨が降ると星は見られませんが、雨の日のキャンペーンなどを行いつつ来場された方には楽しんでいただいています。

農産物の6次産業化や
境港のアンテナショップも

 境港のアンテナショップ(「黄金マート」「黄金カフェ」)では、日南と富ますのいちご等を使用したスイーツが年中食べられるようになり、メニューも少しずつ増え、また認知度も少しずつ上がってきているように実感しています。

 また、ジャムや冷凍の冷やし芋等新商品の販売もスタートし、小さくですが形になってきています。これからお盆時期までは、境港を訪れる人も相当に増え、県西端の港町にも大変な活気が集まります。その活気に負けないように、元気に夏を乗り切っていきたいと考えております。

(日南物産担当 328)

徒然なるままに

(シルクファーム通信 2019年 第4号 掲載)

富ますシルクファームより


 暑い夏がやってきますね。サツマイモ(べにはるか)の25万本の定植が完了し、ミニトマトは最盛期を迎えています。試験的に作っているトウモロコシも収穫を待ち遠しそうにしています。また、観光農園2期目のオープンに向けてイチゴやハウスの準備も着々と進んでいます!

いい味になってます
玉ねぎ収穫真っ最中!

 今年は雪が少なく暖かかった影響か、玉ねぎの成長が早く、シルクファームの武闘派達は収穫に追われています。そして美女軍団が選果作業に汗を流しています。

お疲れ様でした!
職場体験ラッシュ

 3~10日間の日程で米子養護学校さん・クロスジョブさん・皆生養護学校さん・美保中学校さん・弓ヶ浜中学校さんの生徒さん計9名が職場体験に来られました。
 実際に体験して働くことを通して仕事の意義や目的、自分自身のスキルアップ、社会人としてのマナー等、何か一つでも得られる体験になったら…と思います。弊社社員にとっても自身の課題と向き合う良い経験となりました。

徒然なるままに
最近思うこと

 20~70代の様々なメンバーから構成されるシルクファームも長い人で入社4年目となりました。成功、失敗ありの試行錯誤の日々です。ふと鏡を見ると忙しさで余裕がなくなってトゲトゲしてしまっている自分の姿が…。
笑顔を忘れることなく日々精進し自信をもって作業できるように心がけて、信頼できる生産者(=富ますシルクファーム)を目指していきたいです。

(富シルの部屋 室長U)

売り切れごめん市 2019 7/13(土)

 今週の売り切れごめん市のご案内です。

↓売り切れごめん市初登場になります!

ミニトマトと玉ねぎの詰め放題です!
カラフルなミニトマトはカップに、玉ねぎは袋に、 お値段は共に売り切れごめん市価格でとってもお得な200円! となっております。

早めに収穫して追熟したものではなく、美味しくなるまで木にくっついていたミニトマトが詰め放題で200円です♪

トマトに飢えて三食トマトを食べている広報REにはたまらないニュースです🍅

新商品の日替わりソフトもイチゴかトマトかどちらかが登場します。また、近くの黄金カフェではバニラソフトと焼き芋ペーストの相性ばっちりの「いもんぶらんソフト」の販売もスタートしていますので、週末水木しげるロードにお越しの際は是非ひと休みしていってくださいね♪

(シルクファーム広報RE)


大盛況でした

(シルクファーム通信 2019年 第3号 掲載)

富ますシルクファームより


満員御礼で今季は終了
イチゴ観光農園 世間の注目度

 中海フルーツパーク、イチゴ観光農園満員御礼で今季は終了。鳥取県平井知事、米子市伊木市長、中国保定市友好都市推進代表団の視察。今更ながら、注目度は凄いと気づく今日この頃。
 美味しいイチゴ、設備、スタッフ、全てにおいてレベルアップを!課題は山積み。すでに来季の準備はスタートしてます。まだ秘密ですが、企画はもりだくさんです。シルクファームイチゴ観光農園ご期待ください!

ウサギと言えども、途中の昼寝は厳禁
さつまいも定植スタート

 定植機のスピードは、操る人間によってさまざま。農機具は、速度レバーの表示がウサギとカメで表示されていることが、多いのをご存知ですか?ご想像通り、速いのがウサギ。殆どのメンバーは、遅めのカメ!確実に正確に定植することが大切です。が、しかしウサギでやれるツワモノもモチロンいます。ウサギと言えども、途中の昼寝は厳禁。

ふくろうさんによる
手話教室

 イチゴの収穫作業等で来ていただいている、聴覚障害者就労継続支援センターふくろうさんに手話学習会をひらいていただきました。名前を手話で自己紹介から始まり、あいさつ、カレンダー、作業に必要な言葉、若干おかしな言葉も教えてもらってる人もいましたが・・・。
 鳥取県が平成25年に手話言語条例制定、米子市も今年4月1日に制定されましたが、条例の話や、就労支援の話、弊社の取り組みは・・など述べた方がいいのかもしれませんが、誰でも一緒に働いていく上では、コミュニケーションは大切です。個人的感想ですが、みんなで楽しく仕事したいんです。とても素晴らしい第一歩でした。

(富シルの部屋 室長U)

それぞれが舵を取って

(シルクファーム通信 2019年 第3号 掲載)

日南物産より


 あっという間の5月となり、絶好の農業日和となってまいりました。
 弊社も、観光シーズン到来で賑わいが増している水木しげるロードでのアンテナショップ事業、中海フルーツパーク(運営主体:富ますシルクファーム)におけるいちご観光農園の運営サポート事業などスタッフ一同で日々奔走しております。
そのような中、弊社の社名と本拠地を4月より変更いたしましたので、ご報告させていただきます。

境港市の地域商社として
鳥取県西部、香港(海外)までをカバーできるよう

 弊社(旧:日南物産(株))ですが、2019年4月1日より社名を(株)KOGANEへ変更し、本社所在地を鳥取県境港市松ヶ枝町48(黄金カフェ)へ移転いたしました。
弊社は、境港市にてアンテナショップを2店舗運営し、事業のブランド名称に黄金(KOGANE)を使用しております。黄金(色)は焼き芋の断面の色であったり、豊作の畑の色であったり、我々農業者にとっては縁起の良い色であったりもします。地域に根差し、地域の繁栄に微力ながら貢献できるように事業を行っていきたいとの想いが入っております。
 境港市から日南町までと、海外を農業と観光でカバーできるような地域商社を目指し頑張っていく所存です。

あっという間?それとも?
大賑わいのゴールデンウィーク

 最大で10連休となったゴールデンウィークでしたが皆様どのように過ごされましたでしょうか。水木しげるロードは過去最高となる43万人の観光客が訪れ、非常に賑やかな毎日でした。
黄金マート、黄金カフェでは最近のタピオカブームもあり、連日タピオカの注文が絶えませんでした。
また、新商品の「さつまいもチップス」は同日中にリピートされるお客様もおられるほどの人気商品で、店舗オリジナル商品の売れ筋NO.1となりました。
境港周辺の今後の発展が楽しみになるような10日間となりました。

これからの境港を象徴する!?
初寄港の2船での出来事

 初寄港のクルーズ船「アザマラ・クエスト号」の歓迎セレモニーにおいて船長さんに鳥取県の新品種のイチゴ『とっておき』を平井知事が贈呈されたこと。もう1つは、世界でも屈指のクルーズライターとして知られる上田寿美子さまに観光いちご園にお越しいただき、実際にいちご狩りを体験していただけたことです。どちらも、境港管理組合さまの依頼で実現したことですが、これからクルーズターミナルとして日本でも存在感を高めていく境港を象徴するような出来事でした。
 上田寿美子さまは、クイーンエリザベス号にて、撮影を担当される写真家のご主人さまと一緒に来県されました。クルーズの魅力をお二人に特別レクチャーいただき、深く魅了されたとともに、お二人のような夫婦になれたらと強く感じた出来事でした。仕事のためという名目で、次の旅行はクルーズを本気で狙って日々読書に励んでいる小職です。

(日南物産担当 328)

新たな気持ちで…

(シルクファーム通信 2019年 第3号 掲載)

日南シルクファームより


 新元号『令和』に変わりましたね!私はまだどことなく平成気分です(^_^;)令和も日南シルクファームをよろしくお願いします☆

ありがとうございました<m(_ _)m>
今度はイチゴでシルクブランドを

 突然の報告となりますが今年から大玉トマト栽培を中断し、イチゴ栽培に力を入れることとなりました。多くの方に日南のシルクトマトを食べていただいて好評を得ることができました!ありがとうございました<m(_ _)m>
今度はイチゴでシルクブランドを高めて行きたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします!

 そんなイチゴですが、3月下旬に空いていたハウスにイチゴ苗の定植をしました。温度管理や水管理が難しくて全滅しないか不安でしたが最近やっと新葉が大きくなってきていて安心したところです(笑)
 2年目株、露地イチゴ共に気温も高くなって草丈もぐんぐん大きくなり、花芽も出てくるまでに成長しました☆これからはランナー取りや摘花といった栽培管理に追われていきます(+_+)

 そして4月上旬にはカボチャの播種を行いました!今もうほとんど出芽してきていて圃場の準備を急かされているところです(汗)野菜たちは待ってはくれないので人間が野菜に合わせて動かないといけないと言うところが農業の大変なところですよねぇ…その分やりがいがありますけどね!!

新たな気持ちで…
引っ越しをしました

 今までサテライトオフィスいちょう(旧日野上小学校)に事務所がありましたが下石見にある一軒家の方に引っ越しをしました。
今年で入社5年目のイチゴ担当AIはサテライトオフィスいちょうには結構、思い入れがあったり…(笑) 大掃除している時、色々と思い出して少しだけ寂しい気持ちになりました…。

 4月からは下石見を拠点として朝礼を行ったり、昼休憩をしたりと休憩所兼作業場所として使っています。研修生が来た際も利用できるようにちゃんと整えてはあります(*^^)v
新しい拠点になってもご近所さんから可愛がってもらえるように頑張っていきます!

(日南シルクファーム担当 AI)