(シルクファーム通信 2020年 第2号 掲載)

KOGANEより


 暖冬で雪もほとんどなく、冬らしくなかった冬も終え、春真っ盛りですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。コロナウィルスの影響が全世界的に心配になっている3月の末にこの原稿を書いております。

ディスカバー農村漁村(むら)の宝

奨励賞受賞

 少々遡ること1月の下旬となりますが、農林水産省の中国四国農政局さまから「ディスカバー農村漁村(むら)の宝」で奨励賞を受賞(頂戴)いたしました。この賞は、農業グループにとって、個々の企業としてではなく、農業グループ(シルクファームグループ)として初めて頂いた賞でした。輸出やインバウンド観光に関わる取り組みに対して頂戴した賞となりますが、グループでも大きな励みになりました。

ディスカバー農山漁村の宝 奨励賞受賞の様子

芋の志士

ついに「べにはるか」が「浜のイモ太」に

 弊社農業グループは、さつまいもの「べにはるか」という甘い品種を多く生産しております。ついにですが、このべにはるかに当社の登録商標である「浜のイモ太」の名前をつけて販売することとなりました。

シルクファーム サツマイモ浜のイモ太の出荷

「浜のイモ太」は、幕末から明治にかけて山陰、さらには日本各地で活躍した境港の「景山塾」出身の志士たちである「浜の芋太」から命名させていただきました。加えて「かわいいけど、内には熱い想いを持った芋の志士」をイメージした、「(ゆるキャラ)浜のイモ太くん」も同時にデザインさせていただきました。写真の1kg箱は、山陽地方のスーパーから順次発売されております。

浜のイモ太

これまでとは

違った農業が求められるように

 この度の農村漁村の宝の受賞や、「浜のイモ太」の商品化を行う中で、より農業分野においては農業以外のことも重要になっているような気がいたします。例えば、海外輸出まで含めた営業や、その他マーケティングやデザインなどです。

シルクファームのオリジナルパッケージ

付加価値を高め、商品の品質を向上させていくためにも、自ら商品を作り売り込むという、これまでとは違った努力が必要になってきていると感じます。マーケティングやデザインの活用によって、生産する農産品の良さをいかに表現できるか、世界中のどこでも販売できる品質の商品をいかに作り上げるか、そんな事を考えながら、今後もしっかり地域商社として成長できるように取り組んでまいりたいと考えております。

シルクファーム苺一縁 イチゴを使ったメニュー
苺一縁ではイチゴで様々な表現をしています
シルクファーム苺一縁 アフォガードなど

(日南物産担当 328)