(シルクファーム通信 2020年 第1号 掲載)


富ますシルクファームより

 遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。
今年は子年ですね!子年には生き生きと芽生えるという意味があるそうです。富ますの作物たちが勢いよく芽生えてくれると嬉しいです。

忍び寄る影…?!

賑わいを見せる観光農園

 隔日、いちごの収穫を従業員総出でしております。この先、収量が増える見込みですので更に頑張っていこうと思っております。中海フルーツパーク(観光農園)はお陰さまで沢山のお客様にお越し頂いております。ハウスで作業していますと、子供さんの嬉しそうな声が聞こえてきて、こちらまで嬉しくなります!

 そんな中、いちごハウス内には敵が…。写真のように実、種が食べられています。
害獣対策をしているのですが、敵はなかなか捕まらず…。また、本来ならクラウン(葉の付け根)は培土で隠れないようにしなくてはいけないのですが、培土がかかってしまって埋まっているところがあります。これも敵の仕業か、はたまた違う生き物の仕業か…。良い対策がないか、検討中です。

こちらの作業も進んでいます

いちごの育苗

 いちごの収穫と同時進行で次回定植する為に育苗中です。
今回、新たに“ナイアガラ式”という育苗方法を行う予定です。
(ナイアガラ式とは、高い位置に親株を設置して、ランナーを滝のように下に垂らす方法。)

輸出にチップスに…

さつまいものこと

 さつまいも組は、香港出荷用のさつまいもの選果に追われています。少ない人数で頑張っております。香港用以外は、焼き芋用・干し芋用も出荷しております。水木しげるロードにあるシルクファームのアンテナショップにはチップス用の芋などを出しております。

(富ますシルクファーム担当 1998)