(シルクファーム通信 3月号より)

アンテナショップがオープンしました

シルクファームのアンテナショップである「シルクファーム黄金(こがね)マート」が2月14日、境港市の水木しげるロード沿いにオープンいたしました。

オープン当日は天候にも恵まれ、多くの皆様にご来店いただきました。この度のオープンに際しまして、お花などのお祝いの品を頂戴したり、実際にご来店いただきお祝いの言葉、アドバイスなどを頂戴したり等々、皆様より多くの暖かいお心遣いを頂戴し心より御礼申し上げます。

シルクファームとして念願のアンテナショップが開店できましたのも、ひとえに関係の皆様のご支援、ご協力のおかげと、重ねて心からの御礼を申し上げます。

今回は、シルクファーム黄金マートで取り扱う商品について一部を紹介したいと思います。

1本で2杯のスイートポテト

まずは、「浜のイモ太のSweet na Potato(スイート ナ ポテト)」(180円)から。名前はちょっと変わっていますが、さつまいも(紅はるか)を使った本格的な洋菓子です。

シルクファーム産の紅はるかでつくったスティック型のスイートポテトで、砂糖控えめながら、紅はるかの甘さを生かした美味しい洋菓子となっています。苦味のあるコーヒーや濃い日本茶と合わせて食べるとよく合うスイートポテトです。私もこのスイートポテト1本で、コーヒーを2杯飲んでしまいます。

米子市の老舗和菓子店である米仙堂さんと共同で開発させていただいた商品となります。

ツウは半解凍で食べる生クリーム芋大福

もう1品紹介するのは、「妖怪の港大福」(200円)です。おどろおどろしい紫色の大福ですが、中にはシルクファームでとれたさつまいも(紅はるか)の芋あんと生クリーム、そして少しの塩(おふくろの塩(米子市))が入っています。妖怪の港である境港をテーマに開発したおどろおどろしい紫色の大福です。着色料などは使用せず、紫芋を粉末化した紫芋パウダーで着色を行っています。

冷凍したものを解凍して販売いたしておりますが、大好きな人曰く半解凍ぐらいで食べるのがベストとのことです。

こちらの商品も米子市の老舗の餅屋さんであるだんごや萌音さんと共同で開発させていただいた商品となっています。

新たなチャレンジの始まり

この度、アンテナショップ1号店が境港にオープンいたしましたが、これは新たなチャレンジの始まりだと考えています。

アンテナショップは、ハードとしてこの度完成しましたが、シルクファームの6次産業化を発展させ、シルクファームから皆様によい農産品を提供していくためには、これからソフト面(良い商品づくり、よい店づくり、よい人づくり等)の取り組みが不可欠となってまいります。

スタッフ一同このオープンをきかっけとしてそれぞれの業務に精一杯取り組んで参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

(日南物産担当 328)