(シルクファーム通信 2018年 第7号 11・12月合併号掲載)

日南物産より


プロが作る日南夏秋イチゴのケーキに感動

 あっという間の1年、あっという間の年末ですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?秋にあった話題からご紹介したいと思います。
というのは、日南シルクファームでは夏秋イチゴの栽培にチャレンジしており、今年が初挑戦ながら、徐々に品質が上がるようにメンバーも頑張っております。

スイーツファクトリー ジニアさん

そのような中、鳥取市のスイーツ店である「スイーツファクトリー ジニア」さんにこの日南の夏秋イチゴを使っていただけることとなり、1つの例として写真のようなケーキを実際に作っていただけました(生産のメンバーへプレゼントいただきました)。

イチゴケーキ

写真では鮮やかさが伝わらないかもしれませんが、私はケーキを実際に見た瞬間、心から感動して言葉を失ってしまいました。この感動は生産のメンバーにも伝わったことだと思います。

濃い1日を経験した「食農マッチングフェア」

 11月初めには、JAバンクさん、農林中金さん主催の「食農マッチングフェア」という大きな商談会にも参加させていただきました。自身の業務のスケジュールに合わせて、少しずつ商談会にもエントリーしておりますが、これぐらいの規模の商談会は初の経験でした。

日南物産ブース

バイヤーさんからストレートにご意見を頂戴し、同業の諸先輩からこれまでの取り組みなどを勉強させていただき、他の出品者の展示からマーケティングなどの取り組みが足りないことを痛感した商談会でした。いつかは、このような大きな商談会でも見劣りしないマーケティング、商品づくりをやっていきたいと決意しました。

香港へ甘藷(さつまいも)を初出荷、初荷は1トン

 また、11月中頃には、鳥取県さまと、とっとり国際ビジネスセンター(鳥取県産業振興機構)さまのご支援により、香港の大手日本食商社のバイヤー責任者さまを(香港から)当社へお招きすることができました。
イオン香港で参加させていただいた鳥取岡山観光物産展から商社さまなどには大変お世話になっております。実際に弊社農業グループの圃場をご覧いただけたことは、何よりも嬉しい出来事でした。

 同時に香港への甘藷(さつまいも)を商品として初出荷いたしました。初荷は1トンでした。たったの1トンですが、我々にとっては新たな挑戦の始まりです。まだまだ、課題もたくさんで日々格闘しておりますが、生産と販売が団結して拡大させていきたいと思っております。

私たちの仕事の根っこは「圃場」にある

 販売の責任者として、圃場に入ったり、見学したり、意見を交換したりということが多々あります。私自身、非農業分野からこの分野に飛び込んだ新参者の1人ですが、そのたびに、農業の奥深さ、農産物を扱うことの難しさを痛感する毎日です。どんなに職務が多様化しようとも私たちのこの仕事の原点、根っこは「圃場」にあるのだと痛感されます。

写真は日南シルクファームの圃場ですが、このような景色を見るたびに今後も忘れないようにしたいと思う今日この頃でした。

(日南物産担当 328)