未来を照らす星々の光

(シルクファーム通信 2019年 第4号 掲載)

日南シルクファームより


 例年より遅い梅雨入りで蒸し暑さで気が滅入ってしまいますが体調管理をしっかり整えて無理しない程度に頑張りましょう(=゚ω゚)ノ

夜のイチゴ観光農園
ステラベリーパーク日南

 テレビニュースや新聞記事で知っている方もいらっしゃると思いますが…。つ、ついに日南町で夜のイチゴ観光農園がオープンしました~!その名も「ステラベリーパーク日南」です!

ストロベリーじゃなくてステラベリー?と思いますよね(笑)「ステラ」とはラテン語で「星」という意味でストロベリーと併せた造語です!
 鳥取県は「星取県」と名乗るほどの星空スポットで、その中でも日南町は星空保全地域に指定されるほど星空が綺麗に見られる場所なのです(*´з`)

 イチゴ狩りした後はイチゴを食べながらゆったりと空を眺めて星空観察を楽しむという…。なんてロマンチックなのでしょう…。カップルの皆さんどうですか?(笑)
詳しくはWebで!「ステラベリーパーク日南」で検索を!そしてFacebookやインスタグラムもやっているので是非、チェックしてみてください!

終わらない戦い―
美味しさ故のことなれど

 今年も奴らとの戦いが始まりました( ゚Д゚)
6月上旬某日の朝に事件が発覚したのです。イチゴが食い散らかされているではありませんか…。早急に鳥獣害対策の方に来てもらい罠を設置してもらいました!

 数日経ったある日、罠を覗いて見てみるとアナグマが入っており、専門の方が設置していた監視カメラの一部にイチゴの高設ベンチの上で楽しそうに飛び跳ねているアナグマの姿が…。
これを見た時はさすがに笑うしかありませんでした(笑)イチゴが美味しかったんでしょうね(笑) 6月だけで2頭罠に入っていて、ついに犯人を捕まえたと喜んでいたら…
後日ハウスを見ると最初ほど被害は大きくはないですがまたイチゴが食べられていました(-_-;)まだ戦いは終わらないのかぁ…。

 と思った矢先に次はカボチャが食害に遭うという被害が。畑の周りには鉄柵がしてあるのですが、まさかの地面を掘って侵入した跡がありました。今年はカボチャの出来が良かっただけに結構ショックが大きいです(´;ω;`)
 随時、対策を考えて作業をしていかなければと考えさせられた出来事でした(汗)

(日南シルクファーム担当 AI)

想いが少しずつ形になって

(シルクファーム通信 2019年 第4号 掲載)

KOGANEより


境港市から日南町まで
想いが少しずつ形になって

 梅雨が明けそうで明けない7月中旬となりました。湿度が高く体調も崩しやすい季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? KOGANEのメンバーは、境港市のアンテナショップから米子の富ますシルクファーム、日南町の日南シルクファームまで忙しく駆け回っております。そして、メンバーが駆け回れば駆け回るほど、思い描いていたことが少しづつ形になってきつつあります。
 まだまだ不慣れなメンバーも多い中、レベルアップが必要なことばかりではありますが、今回はスタートしていることについてご紹介させていただきます。

日南町に観光農園
「ステラベリーパーク日南」がオープン

 日南町の日南シルクファームでは、夏秋イチゴ(信大BS8-9)の栽培を数年前より行っておりましたが今期の栽培より、いちご観光農園をオープンいたしました。名称はタイトルのとおり、「ステラベリーパーク日南」で、英語では「Stellaberry Park Nichinan」と記載します。星空の美しい鳥取県、日南町にちなんだ名前になっています。

 また名前だけでなく、実際に星空観察が行えるように、夜のいちご狩りを行っています。日南町は、米子や新見、岡山などからは少し距離がありますが、ちょっとしたアウトドア感を味わっていただくにはちょうど良い場所です。
いちご狩りは雨が降っても大丈夫で天候にも左右されません。雨が降ると星は見られませんが、雨の日のキャンペーンなどを行いつつ来場された方には楽しんでいただいています。

農産物の6次産業化や
境港のアンテナショップも

 境港のアンテナショップ(「黄金マート」「黄金カフェ」)では、日南と富ますのいちご等を使用したスイーツが年中食べられるようになり、メニューも少しずつ増え、また認知度も少しずつ上がってきているように実感しています。

 また、ジャムや冷凍の冷やし芋等新商品の販売もスタートし、小さくですが形になってきています。これからお盆時期までは、境港を訪れる人も相当に増え、県西端の港町にも大変な活気が集まります。その活気に負けないように、元気に夏を乗り切っていきたいと考えております。

(日南物産担当 328)