「とっておき」を皆様に!

(シルクファーム通信 2019年 第5号 掲載)

富ますシルクファームより


ついに
さつまいも収穫始まる!!!

 ついに始まりました。サツマイモ“べにはるか”の収穫です!「ポテカルゴ」という4人乗りイモ収穫機を『船』と称し、収穫チームのカズさんを船長に“TEAMカズ”が収穫に燃えています。ところが神様の優しさなのか意地悪なのか、収穫が始まりだしたら、今まで降らなかった雨が降り作業が中断することも…。(恵みの雨ですよね!)・・苦労は尽きませんね・・・

 もちろん選果の美女組も燃えております。収穫されたサツマイモはキュアリング(※1)と貯蔵(※2)を経て皆様のもとへ。もうしばらくお待ちください! 今年の出来は・・・
この笑顔をみればおわかりですね!

※1 貯蔵期間を延ばすため一定期間高温多湿の条件下に置き、コルク層を発達させ収穫時にできた傷口をふさぐ
※2 でんぷんを糖に変える

これも生業のうち⁉
ビニールハウス雨漏り補修

 常に日差しを浴びているビニールハウス。傷んでくるのは当然の事ですね。破れて雨漏りがしてしまいました。百姓は生業が100あるのです。大工仕事も、しかり!
ということで屋根にのぼって破れた個所をなおしました!はしごの写真の人物は女性です。たくましいな~!

“とっておき”な
「とっておき」を皆様に!

 観光農園2期目のオープンに向け準備が始まっています。今期より育苗を本格的に始めました。暑いハウスの中で1年掛かりで苗からイチゴを作っています。イチゴって・・1年掛かりなんですよ!もう一度いいます。1年掛かりなんですよ!

 今回のイチゴ作りで取り組んだ挑戦は、『株冷』です。株冷とは、イチゴ苗を冷蔵庫に2~3週間入れ、冷やしてから外に出すと春が来たと勘違いする…即ち、苗の四季感覚を狂わせて収穫時期を操作することです。

そしてついに定植が始まりました。まずは、「とっておき」というシルクファームが一番力を入れている鳥取県オリジナルの新品種です。まだまだ暑く、みんなで汗だくですが、強力な助っ人と共に作業をしています。

(富シルの部屋 室長U)

大盛況でした

(シルクファーム通信 2019年 第3号 掲載)

富ますシルクファームより


満員御礼で今季は終了
イチゴ観光農園 世間の注目度

 中海フルーツパーク、イチゴ観光農園満員御礼で今季は終了。鳥取県平井知事、米子市伊木市長、中国保定市友好都市推進代表団の視察。今更ながら、注目度は凄いと気づく今日この頃。
 美味しいイチゴ、設備、スタッフ、全てにおいてレベルアップを!課題は山積み。すでに来季の準備はスタートしてます。まだ秘密ですが、企画はもりだくさんです。シルクファームイチゴ観光農園ご期待ください!

ウサギと言えども、途中の昼寝は厳禁
さつまいも定植スタート

 定植機のスピードは、操る人間によってさまざま。農機具は、速度レバーの表示がウサギとカメで表示されていることが、多いのをご存知ですか?ご想像通り、速いのがウサギ。殆どのメンバーは、遅めのカメ!確実に正確に定植することが大切です。が、しかしウサギでやれるツワモノもモチロンいます。ウサギと言えども、途中の昼寝は厳禁。

ふくろうさんによる
手話教室

 イチゴの収穫作業等で来ていただいている、聴覚障害者就労継続支援センターふくろうさんに手話学習会をひらいていただきました。名前を手話で自己紹介から始まり、あいさつ、カレンダー、作業に必要な言葉、若干おかしな言葉も教えてもらってる人もいましたが・・・。
 鳥取県が平成25年に手話言語条例制定、米子市も今年4月1日に制定されましたが、条例の話や、就労支援の話、弊社の取り組みは・・など述べた方がいいのかもしれませんが、誰でも一緒に働いていく上では、コミュニケーションは大切です。個人的感想ですが、みんなで楽しく仕事したいんです。とても素晴らしい第一歩でした。

(富シルの部屋 室長U)

売り切れごめん市 2019 4/20(土) ※追記あり

本日、山椒、蕗、大根が入荷しています!!(4/20追記)

今週もごめん市を開催します!
4月半ばになり、イチゴが終わりに近づいてきました。入荷数はまだ分かりませんが、お求めやすくなっていますよ♪

また、お菓子からおかずまで万能選手のサツマイモはいかがですか?
広報REは今朝、ホームベーカリーで焼いたサツマイモ食パンにサツマイモジャムを合わせて食べました!近いうちに、ヨーグルトにダイス状のサツマイモを入れて、きな粉をかけて食べる予定です!


温かくなって、ソフトクリームなどの冷たいものも欲しくなってきますね。トマトソフトもありますのでよかったら黄金マートで一服してくださいね!

トマトソフト

(シルクファーム広報 RE)

売り切れごめん市2019 3/30(土)

今週の売り切れごめん市は

◆甘くてお菓子作りの砂糖を減らせるのでは?な、サツマイモ。春休みにお子様とお菓子作りにチャレンジしてみてはいかがですか?
広報REは試しに砂糖を減らしてサツマイモクッキーを作りました!(不格好で写真はお見せできませんが…)次回はもっと減らせそうな仕上がりでしたよ♪

◆全年齢に高い人気のイチゴ。こちらもお祝い事やおもてなし、手土産にいかがですか?売り切れごめん市の時はいつもよりお得です♪

◆おなじみになったブロッコリーですが、あと何回かの登場の後は一度お休みです。お弁当作りに重宝しますから、ちょっとさみしいです。

◆そしてトマトソフトも本格始動してます!半分はトマト!?なソフトクリーム。トマト好き広報REは記事を書いているだけで食べたくなってきます。(今日のお弁当はスープジャーにミニトマトがいっぱい♪)

では、このあたりで!

トマトソフト

(シルクファーム広報 RE)

売り切れごめん市 2019 3/2(土) ※追記あり

3/2(土)の売り切れごめん市のご案内です。

イチゴの季節も中盤から終盤といったところでしょうか。今回も赤くて綺麗なイチゴがありますよ!

残念ながら赤カブなどは今回はお休みです。季節の野菜だからこそ天候などの状況で入荷も変わってきます。(試食を楽しみにしていた方はごめんなさい)

旬の野菜だからこそ味が濃くて美味しい。広報REは祖母の作るトウモロコシを食べるときにいつもそう感じています。

イチゴの季節が終わる前に何か作ろうかしら


(シルクファーム広報 RE)

※ご好評につきイチゴは昼過ぎに完売しました。ありがとうございました!(3/2追記)

私たちの仕事の根っこは「圃場」にある

(シルクファーム通信 2018年 第7号 11・12月合併号掲載)

日南物産より


プロが作る日南夏秋イチゴのケーキに感動

 あっという間の1年、あっという間の年末ですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?秋にあった話題からご紹介したいと思います。
というのは、日南シルクファームでは夏秋イチゴの栽培にチャレンジしており、今年が初挑戦ながら、徐々に品質が上がるようにメンバーも頑張っております。

スイーツファクトリー ジニアさん

そのような中、鳥取市のスイーツ店である「スイーツファクトリー ジニア」さんにこの日南の夏秋イチゴを使っていただけることとなり、1つの例として写真のようなケーキを実際に作っていただけました(生産のメンバーへプレゼントいただきました)。

イチゴケーキ

写真では鮮やかさが伝わらないかもしれませんが、私はケーキを実際に見た瞬間、心から感動して言葉を失ってしまいました。この感動は生産のメンバーにも伝わったことだと思います。

濃い1日を経験した「食農マッチングフェア」

 11月初めには、JAバンクさん、農林中金さん主催の「食農マッチングフェア」という大きな商談会にも参加させていただきました。自身の業務のスケジュールに合わせて、少しずつ商談会にもエントリーしておりますが、これぐらいの規模の商談会は初の経験でした。

日南物産ブース

バイヤーさんからストレートにご意見を頂戴し、同業の諸先輩からこれまでの取り組みなどを勉強させていただき、他の出品者の展示からマーケティングなどの取り組みが足りないことを痛感した商談会でした。いつかは、このような大きな商談会でも見劣りしないマーケティング、商品づくりをやっていきたいと決意しました。

香港へ甘藷(さつまいも)を初出荷、初荷は1トン

 また、11月中頃には、鳥取県さまと、とっとり国際ビジネスセンター(鳥取県産業振興機構)さまのご支援により、香港の大手日本食商社のバイヤー責任者さまを(香港から)当社へお招きすることができました。
イオン香港で参加させていただいた鳥取岡山観光物産展から商社さまなどには大変お世話になっております。実際に弊社農業グループの圃場をご覧いただけたことは、何よりも嬉しい出来事でした。

 同時に香港への甘藷(さつまいも)を商品として初出荷いたしました。初荷は1トンでした。たったの1トンですが、我々にとっては新たな挑戦の始まりです。まだまだ、課題もたくさんで日々格闘しておりますが、生産と販売が団結して拡大させていきたいと思っております。

私たちの仕事の根っこは「圃場」にある

 販売の責任者として、圃場に入ったり、見学したり、意見を交換したりということが多々あります。私自身、非農業分野からこの分野に飛び込んだ新参者の1人ですが、そのたびに、農業の奥深さ、農産物を扱うことの難しさを痛感する毎日です。どんなに職務が多様化しようとも私たちのこの仕事の原点、根っこは「圃場」にあるのだと痛感されます。

写真は日南シルクファームの圃場ですが、このような景色を見るたびに今後も忘れないようにしたいと思う今日この頃でした。

(日南物産担当 328)

ペースト工場本格始動!

(シルクファーム通信 2018年 第7号 11・12月合併号掲載)

富ますシルクファームより


収穫完了!!

 収穫も進み、選果作業も忙しくなっています! 毎年来ていただいているパートさん達に、今年も頑張って頂いています!
 今年は、さつま芋の出来が全国的に悪く選果も大変ですが、ありがたいことに各方面から注文を頂いているので、皆さんに喜んでいただけるよう頑張ります!

 食べてみたい!と言う方は是非、境港の水木しげるロードにある黄金マートへ!

選果作業の様子

ペースト工場本格始動!

 少しずつ稼動してきたペースト工場ですが、九月に2名ほど専属社員が入社し、本格始動しています!
まだ、手探りではありますが着実に前に進んでいます!作物を加工して付加価値を付けて、もっと美味しい商品をお届けできるよう頑張ります!

工場の様子

白い花

 九月に定植したイチゴに花が咲き始めました♪
イチゴの花言葉は「先見の明」「幸福な家庭」などあるみたいです。
「先見の明」は、西洋の古い時代にイチゴの根と葉をつけた水が眼をひやし、視力を回復させると信じられていたことに由来するとのことです。
「幸福な家庭」は、親株から小ヅルが出る様子からつけられたといわれているそうです。素敵な花言葉ですね!

イチゴの花

玉ねぎ定植開始!

 今年も寒い季節になってきました…そんな中、玉ねぎの定植が始まっています! 定植本数が多いので、雨の日も風の日も植え付け作業をします。
 玉ねぎにはケルセチン、硫化アリルと言う成分が入っているそうです。ケルセチンは生活習慣病(高血圧、動脈硬化症)の予防に役に立つそうです! 硫化アリルは、血液サラサラ効果があるといわれているそうです!

しかし、食べ過ぎると体調を崩す可能性があるみたいです(汗)一日の適量は1/4個程度らしいので、適度に毎日いろいろな料理に入れて食べましょう♪

タマネギの定植

今年もそろそろ…

黄金マートの焼き芋

 今年も早いもので年末になります!
富ますシルクファームができて四年が経ちました!

農業は毎年環境も気候も違うので大変ですが社員、パート、一丸となって皆様に笑顔を届けられるよう五年目も頑張って行きたいと思っています!
今後も富ますシルクファームをよろしくお願いします。

(富ますシルクファーム担当 K-Taro)

シルクファームの「さつまいも」海を渡る⁉

(シルクファーム通信 2018年 第6号 9・10月合併号掲載)

日南物産より


夏の暑さが和らぎ、秋らしい風が吹く時節となってまいりました。今回は、シルクファームのさつまいもがついに海を渡ったという話題についてご紹介したいと思います。

大人気であっという間に完売した
シルクファームの「べにはるか」

この度は、鳥取県商工労働部兼農林水産部市場開拓局様のご支援のもと、イオン香港様で開催された「鳥取岡山観光物産展」に富ますシルクファームの「べにはるか」を出品させていただきました。

日本とは離れた香港の地で、初めて弊社のさつまいもをご婦人が買い物かごにいれたの見た瞬間、初めて海外の人に買っていただけたのだと感動して涙目になりながらスタートした物産展でした。

香港では、炊飯器に専用の蒸し機能があり、さつまいもを日常的に蒸して食べる食文化があります。そのため、日本以上にさつまいも売り場は大盛況でした。

弊社のさつまいもも片言の英語(小職)と中国語(海外セールス担当者)で熱心に説明したところ、あっという間に売り切れてしまいました。

東京以上に華々しかった香港の街

小職にとって香港を訪れるのは初めての経験でした。金融と観光で中国を世界へ橋渡しするハブのような地域で、日本以上に多様なエネルギーに満ち溢れた場所でした。不動産も物価も日本の東京と比べてもとても高いように感じます。

街の高級スーパーには日本食が溢れ、日本製や海外製の高級車が華々しく街中を走っています。このような地域であれば日本のさつまいもやいちごなどの食品が受け入れられるだろうと身をもって実感いたしました。

日本の食を海外に発信できる
小さな1つの力になれるよう

今回、鳥取県のご支援のもと食品の大手商社様にも訪問させていただき、現状の日本産食品の動向について深く勉強させていただく場もいただきました。

香港では深く日本食が根付いており、震災やそれに伴う原子力災害、日中関係の悪化など、幾度となく日中両国の食品貿易に危機があったとしてもそれを乗り越えてきた歴史も教わりました。

弊社は、食品の輸出(香港輸出)において新参者ではありますが、このようにそれぞれの市場を深く理解し、これからも世界に向けて日本の食を発信できるよう小さな力の1つになりたいと考えております。

海外セールス担当者

(日南物産担当 328)

さつま芋収穫開始!

(シルクファーム通信 2018年 第6号 9・10月合併号掲載)

富ますシルクファームより


さつま芋収穫開始!

春に植えたさつま芋がすくすくと育ち収穫の時期を迎えました♪ 今年の夏は猛暑で、雨もほとんど降らず心配していましたが、何とか実りました!

苗20万本分を冬になるまでに収穫します。霜が降りると芋が畑で腐ってしまいます…

収穫をして選果をし、キュアリングし、貯蔵庫に一ヶ月ほど入れておくと甘くて美味しいさつま芋になります♪
早くしっとり甘い焼き芋が食べたいですね!

観光農園用ハウスが着々と!

来年に、彦名干拓地の米子水鳥公園の隣にイチゴの観光農園がオープンします!

只今、急ピッチで準備を進めています!ハウスを6棟立て、高設栽培の準備をし、培養土を入れて定植します。

初めての観光農園なので分からないことだらけですが、スタッフ一丸となって頑張っています!沢山のお客さんに来てもらえるよう、甘くて美味しいイチゴを育ててお待ちしております♪

新しい作物を定植♪

九月からお試しでブラックベリーを定植しました!小さなハウスで20株ほどですが、大きな植木鉢を並べて育てています。

ブラックベリーはバラ科キイチゴ属の落葉性ツル植物で、今年伸びたツルに来年実がなる、というリズムで実がなるので、実がなるまでに1年がかかるそうです。実がついた茎は枯死していきます。

早く実がなるのを楽しみに育てていきたいと思っています♪

早いもので一年経ちました♪

我が社に入社してきてから何故だかポンコツ二人組みと揶揄されてきた浅野・矢倉ペア?が、なんだかんだで一年が経過しました!

入社したての頃は右も左も分からない二人でしたが、今では仕事も覚えて一人で作業できるようになりましたw
今後の更なる成長に期待して…頑張ってもらいたいです!

(富ますシルクファーム担当 K-Taro)