同じ景色へ向かって その2

(シルクファーム通信 2018年 第5号 7・8月合併号掲載)

日南物産より


前ページ→同じ景色へ向かって その1

インバウンドに向けた取り組み

また、日本海新聞さんでも「きらり境港」という特集コーナーにて弊社アンテナショップにおけるインバウンドの取り組みを詳しく取り上げていただきました。

インバウンド担当の金(きん)や、海外の輸出を担当する薛(せつ)の普段の接客の様子や弊社のインバウンド対応における考え(言語対応の重要性)などを詳しく取材いただき、限りある紙面の中、読みやすく纏めて報道いただきました。

地域における影響力ある地元紙において弊社のインバウンドに関わる取り組みにスポットを当てていただき、こちらも大変に光栄なことでした。

シルクファームのさつまいもが香港へ

この度、弊社農業グループであります、富ますシルクファームのさつまいも「べにはるか」が日本を離れ、初めて海を渡ることとなりました。行先は香港です。

9月3日から9日の期間にイオン香港で開催される「鳥取岡山観光物産展」に参加させていただけることに決定いたしました。現在は、香港の商社等の関係者を交えてパッケージデザインや輸出に向けた物流の調整などの対応にあたっています。

日本の食に対する大きな信頼を持つ香港市民は、日頃からよく食べるさつまいもでも日本産品をよく購入しており、輸出も神戸港などを中心として近年拡大しています。

弊社農業グループも地域の耕作放棄地を再生し、ユニバーサル就労(UW)によってさつまいもを育て、日本、海外に届ける。そんな夢のようなことに少しずつ近づいています。

関連記事→シルクファームの「さつまいも」海を渡る⁉

シルクファームを
鳥取西部エリアの新しい観光名所に

日本経済新聞7月31日の報道のとおり、弊社農業グループは、地域のお客さまやインバウンドの外国人観光客を対象としたイチゴ観光農園事業を今年の冬を目途に、水鳥公園横の隣接地にて開始させていただく予定です。

そのために、施設整備やイチゴの生育を準備に順次取り掛かっております。先日は、参議院議員の進藤金日子さまと鳥取県土地改良事業団体連合会の榎本会長に建設予定地へ視察にお越しいただいたりなど、少しづつではございますが、皆さまに事業がご注目いただけるようになってきております。

今後も万全の体制にて準備にあたり、シルクファームを鳥取西部エリアの新しい観光名所に発展させたいと考えております。

(日南物産担当 328)

アンテナショップオープンから3カ月

(シルクファーム通信 2018年 第4号 5・6月合併号掲載)

日南物産より


アンテナショップオープンから3カ月

シルクファームのアンテナショップである『黄金(こがね)マート』がオープンして早くも3カ月以上が経過しました。

水木しげるロードすぐそばという場所柄だけに、国内外の観光客のお客様がとても多く、旅するお客様はみんなにこやかなのがとても印象的です。私自身も、接客の現場に立つとお客さまの笑顔に癒されます。本当にこの境港という地にアンテナショップを開設して本当に良かったな~と思う瞬間です。

対応しないといけない課題(商品づくり・店づくり・人づくりなど)は本当にたくさんあります。しかし、このようにお客さまからの笑顔のパワーをいただきながら、「改善、改善、改善」で日々取り組んでいきたいと考えています。

4月の新入社員ではないですが…

4月からの新入社員ではありませんが、日南物産でも新入社員は活躍して
います。アンテナショップである『黄金マート』で主に勤務している、
インバウンド対応や海外輸出担当の金英玉さんです。金さんは2月から入社して、日々業務にあたっています。

金さんはこれまでの仕事の経験などを活かしてパワフルに働いています。お客さまも同僚である従業員もファンにしてしまうような魅力を持っている人です。山陰経済ウィークリーにも先日紹介され、ご覧いただいた方もいらっしゃるかもしれません。

耕作放棄地再生をテーマとしたシンポジウムに参加して

4月18日米子コンベンションセンターBIGSHIPにて「みんなでみらいを考えよう!」―耕作放棄地再生への挑戦―シンポジウムが開催されました。(主催:「みんなでみらいを考えよう!」実行委員会、共催:米子市・株式会社SC鳥取・株式会社中海テレビ放送)

ここではグループの代表である石田が、事例発表として、富ますシルクファームの取り組みについて発表を行いました。私も、サポートメンバーとして参加させていただき、講演された阪口さん(フロムファーイースト代表)や米子市の方など関係の方に少しですがお話しする機会も得ました。SC鳥取の皆さんも含め、強く感じたことは、難しいテーマであるものの成功の確信を持って本気で取り組んでいるということでした。

弊社も、耕作放棄地でできたサツマイモ(紅はるか)を全国や海外(香港等)に発信したいと現在本気で取り組んでいます。耕作放棄地から食を生む、雇用を生む、話題を生む、そんな一般的な農業の枠を超えるような新しい農業を耕作放棄地からグループで生み出していきたいと考えています。

八頭の梨生産者の方を訪問して

先日、八頭町で梨を生産されている方を仕事のご縁で訪問させていただきました。
日々シルクファーム関連の業務をしていても同じように感じますが、農産品をブランド化して拡販していくことはそれなりに難しいということを感じます。私のようなブランディング・マーケティング・販売専任のスタッフでも感じるのですから生産者はなおさらのことだと思います。

このような地元で良い農産物を生産されている方ともブランドづくり・販路の拡大などで少しづつ協力しながら地域商社として取り組んで参りたいと強く思いました。

(日南物産担当 328)