農産物の魅力を伝えていく

(シルクファーム通信 2020年 第2号 掲載)

KOGANEより


 暖冬で雪もほとんどなく、冬らしくなかった冬も終え、春真っ盛りですが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。コロナウィルスの影響が全世界的に心配になっている3月の末にこの原稿を書いております。

ディスカバー農村漁村(むら)の宝

奨励賞受賞

 少々遡ること1月の下旬となりますが、農林水産省の中国四国農政局さまから「ディスカバー農村漁村(むら)の宝」で奨励賞を受賞(頂戴)いたしました。この賞は、農業グループにとって、個々の企業としてではなく、農業グループ(シルクファームグループ)として初めて頂いた賞でした。輸出やインバウンド観光に関わる取り組みに対して頂戴した賞となりますが、グループでも大きな励みになりました。

ディスカバー農山漁村の宝 奨励賞受賞の様子

芋の志士

ついに「べにはるか」が「浜のイモ太」に

 弊社農業グループは、さつまいもの「べにはるか」という甘い品種を多く生産しております。ついにですが、このべにはるかに当社の登録商標である「浜のイモ太」の名前をつけて販売することとなりました。

シルクファーム サツマイモ浜のイモ太の出荷

「浜のイモ太」は、幕末から明治にかけて山陰、さらには日本各地で活躍した境港の「景山塾」出身の志士たちである「浜の芋太」から命名させていただきました。加えて「かわいいけど、内には熱い想いを持った芋の志士」をイメージした、「(ゆるキャラ)浜のイモ太くん」も同時にデザインさせていただきました。写真の1kg箱は、山陽地方のスーパーから順次発売されております。

浜のイモ太

これまでとは

違った農業が求められるように

 この度の農村漁村の宝の受賞や、「浜のイモ太」の商品化を行う中で、より農業分野においては農業以外のことも重要になっているような気がいたします。例えば、海外輸出まで含めた営業や、その他マーケティングやデザインなどです。

シルクファームのオリジナルパッケージ

付加価値を高め、商品の品質を向上させていくためにも、自ら商品を作り売り込むという、これまでとは違った努力が必要になってきていると感じます。マーケティングやデザインの活用によって、生産する農産品の良さをいかに表現できるか、世界中のどこでも販売できる品質の商品をいかに作り上げるか、そんな事を考えながら、今後もしっかり地域商社として成長できるように取り組んでまいりたいと考えております。

シルクファーム苺一縁 イチゴを使ったメニュー
苺一縁ではイチゴで様々な表現をしています
シルクファーム苺一縁 アフォガードなど

(日南物産担当 328)

春の訪れ

(シルクファーム通信 2020年 第2号 掲載)

日南シルクファームより


日南町の桜

季節は少しずつ春へ

暖冬でしたね

シルクファーム 犬の写真

 3月に入り気温も暖かくなり過ごしやすくなりましたね。もしかしたら今年も暖冬の影響で桜が咲くのが早かったりして?もうさすがに雪は降らないだろう…と思いタイヤ交換をした矢先に雪予報が((+_+))通勤時、スタッドレスタイヤの凄さを思い知らされました(笑)そして山に行くにつれて段々と白くなっていく景色。山側では20㎝ほど積もっておりました!これで少しは春先の水不足が起こらないといいのですが…。そんなこんなで日南町でも春がやってきました🌸シルクファームのアイドル犬ラッシーもぽかぽか陽気で眠たそうにしていました(笑)

去年の秋に植え付けをした露地イチゴも大きくなってきました!

シルクファーム日南町のイチゴ

日南町ならでは

ほうれん草が美味しくなっています

冬場に播種したほうれん草がグングンと育ってきました!道の駅に出荷しているので立ち寄った際は是非!日中と夜間の気温の温度差が激しい日南町で育った野菜は甘みがあって美味しいのです(’ω’)

シルクファームのホウレンソウ

 なぜ美味しいのかと言うと…植物の光合成と呼吸の関係があるのです!野菜たちは昼間に光合成をして炭水化物(糖)を作っています。(夜は光がないので光合成ができない)呼吸は昼も夜も行っていますが、気温が低いと呼吸は抑えられます。また、この呼吸で炭水化物を消費します。つまり、夜に気温がぐっと下がると「作る>消費」となって栄養が損なわれないことになります。どんなにお天気が良くても、夜が暑いと作った栄養を消耗してしまうのです(-_-;)大まかにはこんな感じですが詳しくはwebで検索!(笑)

(日南シルクファーム担当 AI)

最後まで気はぬけません

(シルクファーム通信 2020年 第2号 掲載)


富ますシルクファームより

最後まで気は抜けません

玉ねぎの管理

玉ねぎの収穫まであと、1ヶ月程。定植してから収穫するまでの間、玉ねぎが立派に育ってくれるように管理はかかせません。防除・追肥はブームスプレーヤで散布しています。広大な面積の圃場に散布する為には、必要不可欠です。

シルクファームの玉ねぎ作業

ちなみに・・・除草は、手作業でやっています。

シルクファーム玉ねぎ除草中

まもなく定植

さつまいもの準備

 さつまいもは、まもなく定植作業にかかります。それまでに、耕耘・肥料まき・畝立てを行います。今回の定植本数は、紅はるか・紅あずま合わせて20万本を予定しています。

シルクファーム サツマイモ定植

畝立て中の様子です。

シルクファーム サツマイモの畝立て

新入メンバー?!

イチゴハウスの様子

 イチゴハウス内には、日々蜂さん達が働いてくれてます!そんな中、新たに仲間入りした蜂がいます!マルハナバチという名前の蜂です。

マルハナバチはミツバチとは違い、低温でも活動してくれます。ですが、寒冷な地にもともと生息しているので、高温には弱いみたいです。ハウス内の温度管理が重要になってきます。黒くて大きいので、危ないのでは?と思われるかもしれませんが、温厚なミツバチよりもさらに大人しく滅多に刺さない蜂として有名だそうです。ですが、油断すると刺されそうなので警戒心を持って作業しようと思います。(笑)

ハウスの侵入者

イチゴを狙う敵が新たに現れてしまいました。ハウスの入り口に足跡が・・・。穴まで掘られてます。これは、誰の仕業・・・?

(富ますシルクファーム担当 1998)

新たな芽吹きと繁栄の一年へ

(シルクファーム通信 2020年 第1号 掲載)

KOGANEより


向春の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
早速ながら多くのイベントに恵まれた年末年始のことをご報告させていただきます!

サツマイモの輸出と

中海フルーツパークの開園

 今シーズンもサツマイモの香港輸出と中海フルーツパーク(米子市)のいちご狩りが昨年11月末からスタートしています。両方異なるようで実はとても深く結びついている事業であったりします。というのも、サツマイモのパッケージには中海フルーツパークの予約サイトへ通じるQRコードがシールで貼り付けてあり、香港からのインバウンド獲得のツールとなっているからです。
 今期も香港イオンにて販売開始と同時に中海フルーツパークに香港のお客様が来園され始めました。今はまだ数万パッケージ程度ですが、これを数十万パッケージとし、重要な香港での広告宣伝ツールとなるよう、サツマイモの輸出に今後も力を入れていきます。

大阪の港に荷下ろしされて出荷準備に入るサツマイモ

弊社アンテナショップとして3店舗目

シルクファーム苺一縁のオープン

 弊社農業グループは、日南での夏秋いちごを含め1年中いちごを生産できる体制が整いました。今後は各々品質向上に努力する段階となっております。 そこで昨年11月5日に
「シルクファーム苺一縁(いちごいちえ)」を境港にオープンしました。水木しげるロードに訪れるお客さまに、いちごのシフォンサンドやいちごの大福串など手軽で美味しいいちご関連商品を1年中ご用意しています。

地域・産業の発展にむけて

ひと・まち・しごと創生会議

 こういった農業と観光や輸出などの一連の取り組みや小職自身のIターンの経験などを首相や官房長官、各大臣に向け発表するチャンスを頂きました。12月19日に官邸で行われた「まち・ひと・しごと創生会議」です。
 4分という短い時間でしたが、「シルクファームグループ(農業グループ3社)インバウンド観光を含めた農業と観光への取り組み」というタイトルで発表する機会をいただきました。一生の思い出に残る貴重な経験でした。
また、グループ内外かかわらず、「中海ファーマーズ」の結成や県立職業訓練校の観光人材向け講師なども頑張っております。地域・産業の発展にむけて今後もより一層努力したいと考えております。

外から見た首相官邸の写真

(日南物産担当 328)

雪のない日南町

(シルクファーム通信 2020年 第1号 掲載)

日南シルクファームより


遅くなりましたが

2020年もよろしくお願いします!

 新年明けてからもう1ヶ月が経ちました。例年なら日南町では雪景色が見られるはずなのですが、雪がほぼ降らず…。積もっても屋根や木が白くなるほどで道路には全くありません:(´◦ω◦`):

車で通勤している人からすれば雪が無い方が嬉しいのは間違いないのですが、田んぼや畑が多い日南町。積もらないと春先の水不足の原因になるのではと心配しています・・・。
毎日、天気予報とにらめっこ状態で雪マークがあるとちょっとだけ嬉しかったりします(笑)
余談ですが、よく近所の方から色んな野菜をいただく事があり、この暖冬でブロッコリーが豊作みたいでほぼ毎日違う人からいただくので冷蔵庫の中がブロッコリーだらけで大変な事に・・・(笑)私はブロッコリー好きなので大歓迎ですけどね!(^o^)/

日南と富ますでの

10日間の現場実習

 1月下旬から2月上旬の10日間、琴の浦高等特別支援学校の現場実習を日南と富ますで行いました。
日南ではイチゴの花芽取りや片付けをしたイチゴハウスの培土ほぐしなどの作業をしてもらいました。富ますではイチゴの収穫・選別がこの時期忙しいということで応援として行き、パック詰めされたイチゴのフィルム貼り、シール貼りなどをしてもらいました。
 慣れてくると自分から率先して作業に入っていて、環境が変わっても溶け込むことができるのはすごい事だなぁと思いました。
実習に来るのも3回目ということもあり、本人も慣れた様子でスムーズに実習することが出来ました(ˆᴗˆ) 10日間の実習お疲れ様でした!

日南町へお越しの際は是非

道の駅 にちなん日野川の郷へ

 現在、日南町の道の駅にちなん日野川の郷では日南町で採れた小玉キャベツと米子市の富ますシルクファームで採れた大粒イチゴを出荷しています。お立ち寄りになった際は是非探してみてください!イチゴは何種類か品種があるので食べ比べしてみるのもありです。

(日南シルクファーム担当 AI)

賑わいを見せる観光農園

(シルクファーム通信 2020年 第1号 掲載)


富ますシルクファームより

 遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。
今年は子年ですね!子年には生き生きと芽生えるという意味があるそうです。富ますの作物たちが勢いよく芽生えてくれると嬉しいです。

忍び寄る影…?!

賑わいを見せる観光農園

 隔日、いちごの収穫を従業員総出でしております。この先、収量が増える見込みですので更に頑張っていこうと思っております。中海フルーツパーク(観光農園)はお陰さまで沢山のお客様にお越し頂いております。ハウスで作業していますと、子供さんの嬉しそうな声が聞こえてきて、こちらまで嬉しくなります!

 そんな中、いちごハウス内には敵が…。写真のように実、種が食べられています。
害獣対策をしているのですが、敵はなかなか捕まらず…。また、本来ならクラウン(葉の付け根)は培土で隠れないようにしなくてはいけないのですが、培土がかかってしまって埋まっているところがあります。これも敵の仕業か、はたまた違う生き物の仕業か…。良い対策がないか、検討中です。

こちらの作業も進んでいます

いちごの育苗

 いちごの収穫と同時進行で次回定植する為に育苗中です。
今回、新たに“ナイアガラ式”という育苗方法を行う予定です。
(ナイアガラ式とは、高い位置に親株を設置して、ランナーを滝のように下に垂らす方法。)

輸出にチップスに…

さつまいものこと

 さつまいも組は、香港出荷用のさつまいもの選果に追われています。少ない人数で頑張っております。香港用以外は、焼き芋用・干し芋用も出荷しております。水木しげるロードにあるシルクファームのアンテナショップにはチップス用の芋などを出しております。

(富ますシルクファーム担当 1998)