日南町で最高なストーリーを

(シルクファーム通信 2019年 第2号 掲載)

日南シルクファームより


雪が降り積もる日南町に
研修生がやって来ました!

雪が降り積もる日南町でしたが、1月下旬から2月上旬にかけての10日間、琴の浦高等特別支援学校から研修生がやって来ました。1年生の女の子でなんと日南町の子!雪なんてへっちゃら!?
午前中はイチゴハウスでの作業、午後からは竹作業というスケジュールで行う予定が…

今シーズンは雪が少ないという話でしたが…

研修初日から雪かき。なんとかハウスまでの道をかいて、やっとこさイチゴまで辿り着きました(笑)作業のやり方を教えると黙々と集中して取り組んでくれました。栽培担当が追い付かないくらい日に日にスピードが速くなって行くので予定より2日くらい早くイチゴ作業は終わりました。

午後からの竹作業では割った竹を束ねていく作業をしてもらいました。1番重要な作業でしたが呑み込みが速いのか的確で研修最終日には初日よりも多く束ねることが出来ました!
研修全体での目標、作業の中での目標、それぞれ目標達成する事が出来て本人がとても嬉しそうにしていたのを見て、私まで嬉しくなりました。10日間の研修お疲れ様でした(*^^)v

ちょっと早い春の陽気に誘われて…♪
段々と忙しくなって来ましたよ~

 2月に収穫予定だったキャベツとレタスですが思いのほか肥大せず追肥作業をする事に…。
そして各圃場に電柵の設置をしたり、堆肥撒きをしたり、トマトハウスのビニール掛けをしたりでやる事は沢山!本調子に戻していかないといけませんね!

失敗を恐れず前向きに
日南町で最高なストーリーを

 今年からなんとイチゴハウスの横で本数は少ないですがサクランボを栽培することになりました。ついに果樹まで栽培するとは…思ってもいなかったデス(笑)
まず荒地を開墾するところから始まり、まだまだ植えつけが出来る状態ではありません…。邪魔な木を切り、重機を使って整地をするも土壌の中からデカい石が出てきたり、謎の残骸が出てきたりと大変(・_・;)
でもイチゴ狩りが出来てサクランボ狩りまで出来ることを考えたら最高じゃないですか…?日南町で最高なストーリーが描ける…? そう考えたらなんだかやる気が出てきました(笑)
 新しいことにチャレンジする時は不安もあるけど楽しい事を考えて失敗を恐れず前向きにしていきたいと思います!

(日南シルクファーム担当 AI)

夢と期待を注ぎ込めば

(シルクファーム通信 2019年 第2号 掲載)

富ますシルクファームより


夢と期待を注ぎ込めば
でででかい!

 イチゴの花びら枚数何枚だとおもいますか?だいたい5~6枚ですが実際きまってないみたいです。一般的に言われているのが枚数が多いと、大きな実ができるそうです。本当かなぁ?
ありました9枚花びら!弊社イチゴ組は実がなるまで観察しました。すると、なんと!大きなイチゴが!
…イチゴ組は言いました。
『丹精込めて愛情、これからのシルクファームの夢と期待をそそぎこめば自然に大きくなるに決まっている!』
はい!おっしゃる通りでございます。
じゃあ…小さいイチゴは1つもデキないってことだよね・・

どーーーん!

最先端で大変勉強になりました
一行福岡へ

 シルクファーム選抜隊は、2/22に弊社のイチゴ高設栽培の資材、生育アドバイスでお世話になっている株式会社アグリス様へ訪問させていただきました。苗床、加工場、観光農園すべてにおいて最先端で大変勉強になりました。サッカー本田圭祐選手も言ってます!『伸びしろ』『凄いスピードで成長できるたのしい時間』
まだまだシルクファームは、取り入れたいことが沢山あります。

紆余曲折ありましたが
中海フルーツパーク開業

 皆様の支援お力添えのおかげもありまして3月、観光農園開業となりました。まだまだ手さぐり、不備や改善しなければならない点もあると思いますが、テレビ、新聞等メディアからの取材、農商工連携6次産業化四国フォーラム、中国フォーラムでの講演経済同友会、関西学院大学視察など多方面からの弊社富ますシルクファームへの関心は高く、視察や研修の問い合わせを多く頂いております。 その期待に応えられるように社員一丸となって精進して参ります。
※今期の営業は終了しました。(※2019年5月1日)たくさんのご来園ありがとうございました。
来期の営業につきましては決まり次第こちらのページでお知らせ致します。→
中海フルーツパーク

今回は苗から作った意欲作
ミニトマト定植

 サンチェリーピュア(赤色)、オレンジパルチェ(橙色)、キラーズ(黄色)。今回は苗から作った意欲作です。この時期は、まだまだ夜寒いので温度管理が重要です。
 またフルーツパークを華やかにするための新たな試みとして暖地さくらんぼ、スモモ、イチジクを定植しました。
担当は通称『チェリー福田』やってくれそうな男です。ご期待ください。

(富シルの部屋 室長U)

KOGANE CAFEオープン

(シルクファーム通信 2019年 第1号 掲載)

日南物産より


遅ればせながら
本年もよろしくお願いいたします

 まだまだ寒い日が続きますがが皆様お元気ですか?
昨年の境港の大雪の記憶が残っているところでありますが、今年はこれまでのところ(1月20日現在)まとまった降雪もほとんどなく、穏やかな境港の街を眺めながら本記事の執筆に励んでおります。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

シルクファーム黄金カフェ
KOGANE CAFEオープン

 日南物産の昨年の大きなテーマでありました、アンテナショップ2号店が1号店と同じ境港市にオープンいたしました。

名前はシルクファーム黄金カフェ(KOGANE CAFE)で、場所は境港の水木しげるロード沿いの中ほどになります。

KOGANE CAFEのテーマは
「シルクファーム」・「インバウンド」・「地域商社」を感じられる落ち着いたカフェ

 2号店のテーマは“「シルクファーム」・「インバウンド」・「地域商社」を感じられる落ち着いたカフェ”です。
 イチゴをふんだんに使ったイチゴのパフェや妖怪の港をイメージした妖怪黒黒麺(インバウンド)、境港サーモンサンド・地域の優れたお土産品(地域商社)などテーマに沿った商品を今後は提供していきます。

ぜひ境港や水木しげるロードにお越しの際はお立ち寄りください(営業時間は10:00~17:00、不定休となります)。

妖怪黒黒麺→
怖そうですが実は野菜たっぷり、お子様にも優しい味わいの
黒みそジャージャー麺

←いちごのパフェ
シルクファーム産
イチゴを贅沢に使用

おいものパフェ→
シルクファーム産「べにはるか」をまるごと堪能できる大満足のパフェ


※メニューは開発中のものもあり、内容が変更になることがあります。

今年の目標は…
イチゴとサツマイモで境港に賑わいを

 今年は、商品の充実はもちろんのこと、より農業らしさをアンテナショップ2店ともに演出し、農業に従事するメンバーがカッコよく感じられるようなアンテナショップ(カフェ)にしたいというのが目標です。

 1号店の黄金マートは、焼き芋などを販売するお店ですが、よりマートらしくシルクファームの直販店となれるよう、 

2号店のシルクファーム黄金カフェ(KOGANE CAFE)は、カフェらしくシルクファームの農産品を喜んで食べていただけるお店になれるよう今年は取り組んで参りたいと考えております。

 焼き芋や、イチゴ・サツマイモの産直で賑わい、イチゴパフェで行列ができるようなアンテナショップができるよう、それに向かって今年は全力で取り組んでいきたいと考えております。

周辺地図

黄金(こがね)マート
 〒684-0004境港市大正町1
 9:00~17:00 ※不定休
 TEL 0859-57-7763

KOGANE CAFE(黄金カフェ)
 〒684-0005境港市松ヶ枝町48
 10:00~17:00 ※不定休
 TEL 0859-57-9457

(日南物産担当 328)

協心戮力

(シルクファーム通信 2019年 第1号 掲載)

日南シルクファームより


明けましておめでとうございます!
2019年もよろしくお願いします(*^_^*)

日南シルクファームでは毎年、四文字熟語のスローガンを決めています。今年は「協心戮力(きょうしんりくりょく)」です! 意味としては全員の力を結集し一致協力する事。だそうです!
 5月には年号も変わるので気持ちも新たに従業員全員で協力しながら頑張って行こうと思います!

社長お手製の鍋を囲んで
年末の忘年会

 年末の仕事納めの日には忘年会と題して皆で仲良く社長お手製の鍋を囲んでいただきました◎

 なんとスペシャルゲストに㈱日南物産から独立就農をしたあの方の姿が…!?鍋をつつきながら仕事の近況や物産時代の懐かしい話に花を咲かせました。日南町にまた5月くらいに来てもらって一緒に田植えを…なんて(笑)

独立就農をして頑張っている姿を見て私達の励みにもなっています。今回の忘年会もすごく楽しい時間が過ごせました☆

順調です!
キャベツとレタス

 今、日南町と南部町の圃場にはキャベツとレタスが植えてあります。今年は暖冬のおかげで生育も順調です。しっかり栽培管理をして1月下旬~2月頃を目指して収穫していく予定です!

他にもできるだけ年中、収穫物があるようにと大根と二十日大根を播種しており今は芽が出るのを待っている最中です(^^)v

キャベツ!
レタス!!
二十日大根!!!

この二十日大根が無事育って売り切れごめん市に登場します→売り切れごめん市2019 3/9(土)

今あるものをうまく使っていく
行灯仕立てのカボチャ

 次年度のカボチャ栽培では「行灯仕立て」という方法で行います。このやり方でのメリットとしては「防風」「保温」「虫害対策」が主として挙げられます。

 今はそれに必要な竹や肥料袋を切っていく作業をしており、用意する数が12,000個…なかなか気が遠くなりますが市販されている物を購入するとなると約600万円もすることになります…。

そう考えたら自分達で手作りした方が安く済みますよね(^_^;)何でもかんでも購入するのではなく今あるもので補っていかないと儲かる農業が出来ないと私は思います。
お金の使いどころをしっかり考えないといけませんね!

(日南シルクファーム担当 AI)

とっておきの一年に

(シルクファーム通信 2019年 第1号 掲載)

富ますシルクファームより


はじめまして室長Uです
富シルの部屋開設!



今回から開設しました『富シルの部屋』
日常の他愛のない話にちょこっとお付き合いください。

新年スタート
“イノ”ベーションの年

 今年はイノシシ年だけに、“イノ”ベーション(変革)の年にしたいです。去年も色々ありました。今年も色々ありますよ。さつまいも!イチゴ!たまねぎ!トマト!シルクファームの快進撃とどまるところをしりません。シルクファームには年男年女が4人鼻息荒く今年は猪突猛進?
(…厄年の男も居たりしますが。)

ここはさながら苺源郷
イチゴ収穫真っ只中!

 スタッフ総動員でイチゴの収穫をしています!
ハウスの中は真っ赤に実った宝石と甘い香りー。見るものを圧倒する、桃源郷いや苺源郷でしょうか。とってもとっても甘いんです!

 品種は、あきひめ、鳥取県オリジナルの新品種『とっておき』
もちろんシルクファームが丹精込めて作ったイチゴですから!名付けて『シルクイチゴ』!
 是非皆様にも食べていただきたい逸品です。

シルクファームの取り組み
ユニバーサルワーク

 弊社は年齢、性別、国籍、障害の有無を問わない取り組み
『ユニバーサルワーク』を提唱しています。社員一同のスキルアップにもつながります。
今年から聴覚障害者就労支援センターふくろうさんより働きに来られています。多方面から今年も研修、体験に来られてます。

表向きは新年会
実際は決起集会!

『鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス』精神。意気込みを語り合い、楽しい時間をすごしました。

(富シルの部屋 室長U)